プロモーションを含みます

「眼差しスナイパー」はNIDTの歌?歌詞に隠された暗号資産の恐怖

推し活方法

2023年12月17日、ホワイトスコーピオンのデビュー曲「眼差しsniper」は377万回再生に達し、その勢いは今もって止まるところを知らず、更なる上昇が期待されているところです。

この「眼差しsniper」は、周知のとおり総合プロデューサーである秋元康氏の作詞なのですが、実は、ありふれた恋愛感情をただ歌ったものではないことに気が付かれたでしょうか。

普通に聴いていれば、秋元プロデュース曲では珍しくない「僕」が「君」に対して抱く想いを綴っている恋愛の歌です。

しかし、ここで歌われている「君」を暗号資産「NIDT」に置換してみると、途端に暗号資産に対して警鐘を鳴らす歌に変わるのです。

以下、実際に歌詞をおって解説していきます。

 

「眼差しスナイパー」はNIDTの歌?歌詞に隠された暗号資産の恐怖

いりうわ
いりうわ

最初に言っておきますが、これは「眼差しsniper」のパロディです。秋元康氏が本当にそのような意図で作詞されたのか考えることはナンセンスです。

新釈 眼差しsniper

眼差しsniper 

視線の銃弾(NIDTチャート)に撃たれて ハートが不意に止まってしまった
もし君(NIDT)と出会わなかったら 僕はこんなに苦しまない
set me free! set me free! Baby!(もう自由にしてくれ)
Please don’t stand by me 未来の手前(急落する前)で消えていなくなれ

Dcoin君
Dcoin君

そこで利確できれば苦労はない!

sniper 逃げられるわけないんだ 限界
Don’t shoot もう見つめないでくれ 永遠
愛(investment)とは必然 危険とわかっても 惹き寄せられる
I’ll always love you

 

(暗号資産に手を出した)後悔の赤い血を流して 無意識君(NIDT)を探してさまよう
もう一度やり直せるなら もっと正直に告白(損切)しよう
Give me a chance! Give me a chance! Baby!(チャンスをください)
Hard to say anymore 希望はいつでも自分の中にある

この先 誰(機関投資家・仕手筋)にも邪魔させない 絶対
Trust me 全て失っても Do my  best
そう(入金は)いつかじゃない そう明日ではない(土日挟むと反映遅いから)
そう今日しかない(高値更新しちゃう) I can’t stop loveing you

 

(what do you think?)どう思う?

Dcoin君
Dcoin君

相場の見通しなんか聞いたところで勝てないことはわかってるけど、皆すぐ聞きたがるのさ。これから上がる?下がる?

 

壊れてしまったもの(投資ルール) 破片(かけら)(残った証拠金)を集めてみても
impossible… impossible…戻りはしない
It’s broken down

 

sniper 逃げられるわけないんだ 限界
Don’t shoot もう見つめないでくれ 永遠
愛(investment)とは必然 危険とわかっても
惹き寄せられるI’ll always love you

ああ(NIDTの)声なき声 ああ君(NIDT)なき僕
ああ僕なき君(NIDT) I’ll always love you

Dcoin君
Dcoin君

相場にのめり込んでしまうと、一日中値動きが気になって仕方がなくなるのさ

 

いりうわ
いりうわ
だから無理はしちゃダメ、余剰資金で。私はリスクがあることを理解した上でホワイトスコーピオンをNIDTで応援します!

本気で推す方のみ!口座開設は無料ですが暗号資産はリスクがあります

coinbook

◆DMMビットコインならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました